釣り初心者が綴る釣りブログ『みらいぶろぐ』釣り・魚・山に関する色々な情報とともに更新中!
ご案内リンクについてスポンサードツイッターメールマガジンブログお問い合わせ
初心者に優しい魚と釣り情報リンクサイト。釣り検索、役立つリンク集や釣り関係の本、釣り映画やゲームまで、釣りとお魚に関する色々を紹介しています。 釣り用語も続々追加中。

フグについて

フグの種類

【アカメフグ】
科名:フグ科
生息地:本州中部以南、四国までの太平洋岸
体長:10cm〜20cm
特徴:目の周りが赤い。
毒:[強毒]皮膚、肝臓、卵巣 [弱毒]腸

【カラス】高級食材
科名:フグ科
生息地:日本海西南部、九州沖
体長:30〜55cm
特徴:側面に斑点が多い。胸びれ後方上部に白くふちどられた大黒紋がある。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣

【カナフグ】
科名:フグ科
生息地:日本海西南部
体長:60cm〜100cm
特徴:大型。
毒部分:[強毒]肝臓

【クサフグ】 詳細はこちら
科名:フグ科
生息地:日本各地の沿岸、本州以南
体長:10cm〜25cm
特徴:背中は暗緑褐色で丸い小白点がある。砂に潜る。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣、腸 [強毒]皮膚 [弱毒]筋肉、精巣

【クロサバフグ】
科名:フグ科
生息地:北海道南部以南の太平洋側
体長:35cm〜40cm
特徴:体全体が黒みをおびている。。
毒部分:[猛毒]卵巣、肝臓 [弱毒]筋肉 (無毒のクロサバフグもある)

【ゴマフグ】
科名:フグ科
生息地:北海道南部以南
体長:40cm〜45cm
特徴:ゴマ状の斑文がある。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣 [弱毒]皮膚

【コモンフグ】
科名:フグ科
生息地:北海道以南の沿岸
体長:25cm
特徴:やや青みがかった斑文がある。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣 [強毒]精巣、皮膚、腸 [弱毒]筋肉

【サンサイフグ】
科名:フグ科
生息地:東シナ海
体長:40cm
特徴:幼魚と成魚で模様が大きく異なる。。
毒部分:[猛毒]肝臓 [強毒]卵巣、皮膚、腸 [弱毒]精巣

【シマフグ】
科名:フグ科
生息地:相模湾以南
体長:50cm〜60cm
特徴:表面にトゲがある。青黒色に太い白縞がある。
毒部分:[強毒]肝臓、卵巣 [弱毒]腸

【ショウサイフグ】
科名:フグ科
生息地:東北地方から九州沿岸
体長:30cm〜35cm
特徴:全身にトゲがない。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣 [強毒]皮膚、腸 [弱毒]筋肉

【シロサバフグ】
科名:フグ科
生息地:鹿児島県以北の沿岸、北海道南部の太平洋
体長:30cm〜40cm
特徴:尾ビレの中央部が突出していない。
毒部分:なし

【ドクサバフグ】
科名:フグ科
生息地:南シナ海
体長:35cm〜45cmcm
特徴:頭の上部から背ビレまでトゲがある。
毒部分:[猛毒]卵巣 [強毒]肝臓、精巣、皮膚、筋肉、腸

【トラフグ】最高級食材
科名:フグ科
生息地:太平洋北西部、日本海西部
体長:70cm
特徴:。
毒部分:[強毒]肝臓、卵巣 [弱毒]腸

【ナシフグ】
科名:フグ科
生息地:瀬戸内海、九州西岸、東シナ海
体長:25cm
特徴:ショウサイフグに似ている。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣、皮膚

【ハコフグ】 詳細はこちら
科名:ハコフグ科
生息地:中部以南、太平洋
体長:20cm〜40cm
特徴:甲は硬くて箱状。
毒部分:無毒だが、皮膚と肝臓は販売禁止されている。

【ハリセンボン】
科名:ハリセンボン科
生息地:本州中部以南
体長:15cm〜70cm
特徴:皮膚にたくさんのトゲがある。沖縄では「アバサー」と言われている。
毒部分:基本的に無毒。[毒] 卵に毒がある場合がある。

【ヒガンフグ】
科名:フグ科
生息地:日本各地
体長:35cm
特徴:イボ状の突起物がある。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣 [強毒]皮膚、腸 [弱毒]筋肉、精巣

【マフグ】
科名:フグ科
生息地:北海道以南の太平洋側
体長:40cm〜45cm
特徴:尾ビレが淡い黄色。
毒部分:[猛毒]肝臓、卵巣[強毒]皮膚、腸 

【メフグ】
科名:フグ科
生息地:東・南シナ海
体長:45cm
特徴:茶褐色。背面と腹面に小トゲがある。
毒部分:[猛毒]卵巣 [強毒]肝臓、皮膚、腸

【ヨリトフグ】
科名:フグ科
生息地:本州中部以南
体長:40cm
特徴:体は円滑でトゲがない。
毒部分:無毒