釣り初心者が綴る釣りブログ『みらいぶろぐ』釣り・魚・山に関する色々な情報とともに更新中!
ご案内リンクについてスポンサードツイッターメールマガジンブログお問い合わせ
初心者に優しい魚と釣り情報リンクサイト。釣り検索、役立つリンク集や釣り関係の本、釣り映画やゲームまで、釣りとお魚に関する色々を紹介しています。 釣り用語も続々追加中。

トラウトの種類

トラウトの種類

【イワナ】(岩魚) イワナの詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:北海道〜本州、水温15℃以下
体長:渓流〜45cm、湖〜60cm

【オショロコマ】 オショロコマの詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:北海道
体長:15cm

【ミヤベイワナ】
科名:サケ科
生息地:北海道の然別湖
体長:25cm〜30cm
北海道の天然記念物。オショロコマの亜種。

【アメマス】 アメマスの詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:本州中部以北
体長:40cm〜50cm

【ニッコウイワナ】
科名:サケ科
生息地:東北地方、関東地方山岳部、滋賀県、鳥取県
体長:30cm〜80cm
体の白斑がはっきりしていて、側面から腹部にかけて、大きなオレンジ色の斑紋がある。

【ヤマトイワナ】
科名:サケ科
生息地:中部地方の太平洋側、山岳地帯の河川
体長:25cm
体の白斑は目立たず、側面に赤色の小さい斑紋がある。

【ゴギ】
科名:サケ科
生息地:中国地方の島根県、岡山県、広島県、山口県などの山岳地帯の源流域
体長:15cm〜20cm
頭部に虫食い模様がある。大きくなると白い点が現れてくる。
中国地方の一部の川に生息している。警戒心が強く、滅多に人が立ち入らないような渓流に生息している。

【ヤマメ】(山女・山女魚) ヤマメの詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:日本各地
体長:40cm

【アマゴ】 詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:日本各地
体長:40cm

【ビワマス】
科名:サケ科
生息地:琵琶湖
体長:40cm〜50cm
琵琶湖特産のマス。外観はヤマメやアマゴと同じだが、目が非常に大きい。赤い朱点は成魚(約20cm)になると消える。

【タイワンマス】(桜花鉤吻鮭・サラマオマス)
科名:サケ科
生息地:琵琶湖
体長:30cm
サクラマスの亜種。台湾の大甲渓に生息しているヤマメ。寿命は4年ほど。やや黒っぽい体色。

【ブラウントラウト】 ブラウントラウトの詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:富山、栃木、長野
体長:40cm〜70cm

【ニジマス】(レインボートラウト) ニジマスの詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:日本各地
体長:40cm〜100cm

【サクラマス】 サクラマスの詳細はこちら
科名:サケ科
生息地:日本各地
体長:60cm

【ブルックトラウト】(カワマス)
カワマス。背中の虫食いが特徴。背ビレの部分に細かい虫食い模様がある。

【ヒメマス】
科名:サケ科
生息地:本州中部以北
体長:30cm
一般的には湖に生息している。ヒメトロと言われ、トローリングなどで釣られる。
ワカサギを釣っているときに、外道として釣れることもある。ヒメマスが海に下り、帰ってくるとレッドサーモン(紅鮭)になる。

【レイクトラウト】
科名:サケ科
生息地:中禅寺湖
体長:50〜100cm
イワナ属では最大級。体は暗緑色〜灰色。白っぽい斑点がある。

【ギンザケ】(銀鮭)
科名:サケ科
生息地:本州中部以北
体長:60cm〜65cm
特徴:銀色で背部から尾にかけて小さな黒点がある。
川で約2年間生活をしてから海に下る。河川の上流まで遡上し、浅瀬で産卵する。

【マスノスケ】
科名:サケ科
生息地:日本海北部
体長:80cm〜90cm
キングサーモンの幼魚。外観はニジマスに似るが、ニジマスよりも黒点が多い。日本では放流されていない。
キングサーモンは世界最大の鮭で、8kgから10kgが普通のサイズ。大きくなると20kgを超えるサイズもいる。