釣り初心者が綴る釣りブログ『みらいぶろぐ』釣り・魚・山に関する色々な情報とともに更新中!
ご案内リンクについてスポンサードツイッターメールマガジンブログお問い合わせ
初心者に優しい魚と釣り情報リンクサイト。釣り検索、役立つリンク集や釣り関係の本、釣り映画やゲームまで、釣りとお魚に関する色々を紹介しています。 釣り用語も続々追加中。

釣り用語
アイ(あい)
ルアーやフックの先に付いている輪の部分。釣り糸を結ぶ輪。

アウトレット(あうとれっと)
湖やため池などから川や水路に向かって流れ出ているところ。
別名:ドレイン、流れ出し。

青イソメ(あおいそめ)
海釣り用の生きエサ。干潟状の砂泥地に生息している。
韓国や中国から大量に輸入されているので値段もお手頃。塩漬けにすると遠投しやすくなる。
別名:青虫、朝鮮ゴカイ、青ゴカイ、青ケブ。
対象の魚:チヌ・メバル・スズキ・キス・カレイなど多くの魚に使える。

青コガネ(あおこがね)
海釣り用の生きエサ。
体が光り、匂いも強く、動きが良いので夜釣りのエサとして使われる。
塩漬けにすると遠投しやすくなる。
対象の魚:カレイなど。

青潮(あおしお)
海水が青や緑色によどみ濁る現象のこと。
青潮になると、その海水中には酸素がほとんど無く、魚介類が酸欠状態になり、死滅する被害が発生する。

青物(あおもの)
中層を泳ぐ回遊魚の総称。アジ、サバ、サンマ、イワシ、ブリ、カツオ、マグロなど。

あおる
カゴなどに入っているエサを撒くために竿を上下に動かすこと。魚を集める時に行う。

赤コガネ(あかこがね)
海釣り用の生きエサ。
身が柔らかく、鮮やかな赤色。塩漬けにすると遠投しやすくなる。
対象の魚:カレイなど。

赤潮(あかしお)
海水中でプランクトンが異常増殖し、潮の色が赤く濁る現象のこと。
赤潮になると、その海水中には酸素がほとんど無く、魚介類が酸欠状態になり、死滅する被害が発生する。

上げ潮(あげしお)
干潮から満潮までの間で、海面が上昇しつつある時、潮が満ちてくること。満ちてくる潮。
別名:あげ、差し潮。

あご
釣り針についている内側に反り返っている突起のこと。針が魚に掛かった後に外れることを防ぐ。
別名:かえし。

浅場(あさば)
水深の浅い(数m程度の)所。岸の浅い所。
別名:たか場、タカ。

朝まずめ(あさまずめ)
夜が明けて明るくなり始めた頃の時間帯。日の出前後。
魚の食事時なので釣りには最適。

足で釣る(あしでつる)
1カ所にとどまらず、ポイント(釣れる場所)を探しながら歩き回って釣ること。
渓流釣りなどでは一般的。

葦原(あしはら)
葦(イネ科の植物)の多く生えている所。あしわら。

アジロ(あじろ)
魚がよく集まる岩礁地帯。

アタック(あたっく)
ルアーに魚が飛びついてくること。襲いかかってくること。

アタリ(あたり)
魚がエサやルアーに食いついた時の感触。竿先やウキが動く瞬間。魚信。

穴釣り(あなづり)
穴の中にエサをつけた釣り針を入れ、ひそんでいるウナギを釣ること。
湖沼の上で氷に穴をあけ、ワカサギなどの魚を釣ること。

アプローチ(あぷろーち)
対象に向かって近づくこと。

あぶれる
魚が一匹も釣れなかった時のこと。
別名:ぼうず、おでこ、あぶれ。

アベレージサイズ(あべれーじさいず)
平均的なサイズのこと。平均的な体重や長さのこと。

アミエビ(あみえび)
海釣り用のエサ。コマセアミの冷凍。サビキ釣りに使われる。

鮎ダモ(あゆだも)
釣れた鮎を捕らえるアミのこと。

荒食い(あらぐい)
産卵前や時化の後などに、魚が積極的にエサを食べてくる状態のこと。

合わせ(あわせ)
アタリを感じた瞬間に、竿を上げるなどして魚の口にハリ(フック)をかけること。

合わせ切れ(あわせぎれ)
合わせた時にハリスが切れること。

阿波釣法(あわづりほう)
徳島県から広まった伝統の釣り方。チヌやグレの磯釣りでは一般的。

アンカー(あんかー)
船やボートが流されないように海底に沈めるイカリ(おもり)のこと。

アングラー(あんぐらー)
Angler.
釣り人のこと。フライやルアーで釣りをする人のこと。

アンチリバースレバー(あんちりばーすればー)
スプールが片方にだけ回転するか、両方に回転するか、切り替えるレバー。

アンドンカゴ(あんどんかご)
あんどんの形をしたアミカゴ。船釣りなどで使われる。